『セカンダリ3コース』を8月17日と18日に実施しました。

『セカンダリ3コース』を8月17日と18日に実施しました。

参加者は、関西以外では中部地方、中国地方、関東地方の遠方からも集まり、20名弱の方々によるワークとなりました。

久々の再会を喜ぶ人、しばらくぶりの参加で新鮮な感覚を得る人など、参加者同士の関係性も様々です。

ファシリテーターは日本エニアグラム学会より、初日が富澤優江スーパバイザー、2日目が内田智代副理事。

初日は2つの「三つ組み」について、2日目は線でつながる動きについて、ワークを通じて体感的に学ぶことができました。

自分の日頃持っている感じ方やその中身を言語化していくことで、日常的に持っている他者とは異なる感覚をを知り、その意味を洞察することができます。
また、成長するということはどういうことなのか、エニアグラムの線の方向から紐解いていきます。

ともに学ぶ仲間のサポートや温かい肯定のもと、心を開いて自己を見つめる時間は、とても有意義な体験となりました。

さらに今回、日本エニアグラム学会の本永理事長がお越しになり、修了証の授与が行われました。

日本エニアグラム学会の基本コースは、プライマリーコース、セカンダリーコースと、継続的な参加を求める方の人数により、大阪での開催につながっています。

10月にはプライマリーコースを実施予定です。
まずはここから、エニアグラムの基本を知り、自己理解に役立てる機会にしてみませんか。

皆様のご参加をお待ちしています。

◆プライマリーコース
https://www.facebook.com/events/1104077656467512/?ti=cl

このページをシェアする