エニアグラムセミナー参加者の声

プライマリーコース(基本)を受講された方からご感想をいただきました。

エニアグラムセミナーに参加した動機

  • 本を読んだだけでは自分のタイプがわからなかった
  • 自分にどのような本当の内面が隠れているのかを知りたかった
  • 知人がエニアグラムを学んでいたので興味を持って参加した
  • 自己理解を深め、周りの人のことも理解したかった
  • 自分の性格の弱いところを直したかったから
  • 本を読んでいても自分以外のタイプのことがよくわからなかったから
  • 以前に受講してもっと本格的に勉強したいと思って参加した
  • アドバイザーになって会社の研修で使用したい

エニアグラムセミナーから得たこと

  • エニアグラムを通した自己理解がより明確になった
  • 自分のタイプに納得がいった
  • 自分の新たな面に気づいた
  • 同じタイプの人と話し合う中で共通する価値観、行動があり、自己確認ができた
  • 他のタイプの考えを聞いて驚くばかりだった、タイプの違いを発見できた
  • 自分のタイプになりたいと言ってくれる人がいて、この性格や生き方も悪くないと思えた
  • 自分自身を知ることで自分を許せることができ、気持ちが楽になった
  • タイプの違うまわりの人を受け入れるヒントを得ることができた

プライマリーコースを受講して

より優しい人に

自分のタイプが決められなかったのですが、1から9までの人の行動の違いがよくわかり
「こんなにもタイプによって、違う行動をとるのだ」
とビックリしました。
自分の型を認識することで他者との関係がより豊かに、また人に対して優しくなる気がしました。
時間が経つのが早く感じられるくらい楽しいワークショップでした。(広島県 Sさん)

アスリートのトレーニングのように

人間関係に問題を抱えていた時、不定期に受講させていただいています。
今回は父の介護にあたって、介護や看護スタッフとのつきあい方で途方に暮れたこと。
なにか自分を見つめるための単身で身軽にできるシンプルな方法はないか?
と探して出会ったのがエニアグラムでした。
特に劇的な変化を求めて参加しているわけでなく、毎回、些細な発見を積み重ねて、あっという間に年月がたち、気がつけば少し変わったかな?というくらいにじんわりレベルアップできれば良いなと思います。

心理学の講義で、今は第4の心理学の時代と学び、「トランスパーソナルって何?」「個を超えるとはどういうこと?」
と一瞬驚いたものの 内容はとっくの昔にエニアグラムで出会っているなじみ深いもので、エニアグラムってトランスパーソナルの療法だったのかと知ったのは後になってからでした。

アスリートたちが日々のランニングや筋トレに励み、タイムを計り、体調をチェックするように、日々のトレーニングとしてエニアグラムを活用し、心の状態をチェックし続けたいと思います。

ワークショップへは、例えば写経を続ける人が時折出向いて、無心に書き写したものを捧げ納めるように、いろいろな思いをその場限りの絵や言葉にして手離し、納めて帰る場として通うのが長続きをするコツかなと思います。(あくまでわたしの場合は・・・)

(大阪府豊中市 Nさん)

自分を客観的にみる体験ができた

自分のタイプを知り、同じタイプの人と話すことによって、納得し、自分を客観的に見ることができました。これからは成長の方向を目指していきたいともいます。また、他のタイプのことを初めて知り、いろんな考え方があることを知りました。もっと他のタイプの人のことを知ってコミュニケーションをスムーズにしていきたい。
(大阪市 Kさん)

職場で活かしたい

自分を見つめ直すことができました。自分と違うタイプの発表を聞いて自分に必要な部分が少しわかってきました。
職場では、つい周りに合わせてしまっていましたが、これからは、自分をしっかりもつこと、何事も不安、先入観に囚われず、ゆったりと構えて取り組めるよう心がけたいと思います。他者理解を深めるヒントをもらったので、職場で活かしていきたいと思います。
(大阪市 Wさん)

他者理解の手助けになった

今回プライマリーコースに参加して各タイプがどのような悩みを抱えているか、またどのように自分自身をとらえているかを理解するのに参考になったと思います。
また、各タイプについて理解を深めることはそれだけ多くの価値観を受け入れる引出しができたということにつながるのではないでしょうか。
自己の成長につながるという意味において、エニアグラムは意義深いものであり、他者理解の大きな手助けになると思います。
今後も引き続き他者理解を深める手段としてエニアグラムを学んでいきます。
(大阪市 Tさん)

異なるタイプの方の考え方を聞くのは、非常に興味深い

1回目に参加してみて、自分のタイプがはっきりするかと思っていましたが、そう簡単にはいきませんでした。
診断では、タイプ1と出ましたが、事前の簡易診断ではタイプ6も高得点だったので、まだ確信は持てておりません。
タイプ1とタイプ6の決定的な違いが何なのか、まだよくわからないので、引き続き、学び続けたいと思います。
他のタイプの方の考え方を聞くのは、非常に興味深く、面白く感じました。
今回はおられなかった、タイプ2とタイプ7の方の考え方も次回ぜひ聞いてみたいです。
(大阪市 Cさん)

エニアグラムのワークを体感、面白い!

プライマリーコースは、3回目になります。参加動機は、いたって不純で「家から近い」「安い」でした。
それ以外にも、ボディサイコセラピーやTA、マイクロカウンセリングを学んで来て、エニアグラムとは何ぞや?!という疑問が湧いていたのもあります。
昔読んだエニアグラムに関する本の印象は、タイプ分けをして終わりで占いチックなものとレッテルを貼り除外していました。
そんなことがありましたから再び疑問を抱きナイスタイミングで「近い」「安い」は、確かめるのには好都合だったのです。
正直言ってまだよく解らない状態ですが、体感として面白い!自分自身、思いがけないタイプだったのですが、同じタイプの方とシェアしていると、理解でき解り合えるのが面白く、また他のタイプの裏面が見える事で、日常理解出来なかった人を、ほんの少しだが、行動に対する理解ができたのも収穫でした。
自分を通して学び理解出来たら、活かしながら伝える事が出来ればなぁ?と思っています。
まだまだ解らない事だらけなので、続けていこうと思います。
(大阪市 Gさん)

新たな気づきを得た

プライマリーコースを再受講しました。

各タイプについて理解を深めることができ、また新たな気づきを得ることができました。
発見を持ち帰って、自己理解、他社理解を得てもらうための方法として、研修などに取り入れていきます。
(広島市 Tさん)


注:2009年まではプライマリーコースは連続2日間コースでした