プライマリーコースが開催されました。

プライマリーコースが開催されました。
11月3、4、5日の全3日間。

20名を超える参加者があり、遠くは福岡、福井、高知からもお越しいただきました。
初参加者が半数以上でしたが、再受講の方々の温かいサポートもあり、全体にとても穏やかで親しく交流のできる雰囲気となりました。

ファシリテーターはNPO法人日本エニアグラム学会の富澤優江氏。
東京からお越しいただき、面白さと感動とエニアグラムの深さを実感する機会を与えていただきました。
自己価値そして動機、それぞれのタイプが実際に感じている感覚、それらをより分かり易い形で見ることができたように思います。

自己に向き合い、自分のタイプを見極めるのは簡単なことではありません。
それは、私たちが生まれたままの姿ではなく、社会生活において様々な制約や困難に出会い、自己調整を経て今があるからです。
より良いコミュニケーションのために、あり方のために、自分なりに工夫してきた努力が、ときにタイプを見誤ったり混乱したりする原因にもなり得ます。それは決して悪いことではなく、そんな自分が居たという事実に過ぎません。

本当の自分は、一体何なのか。
活かせるところや課題は、何なのか。

ワークを通じて、皆様が個々に洞察され、自己を発見していく場がありました。

参加者からは、
「エニアグラムがこんなに深いとは思わなかった。」
「これまでの自己像と、エニアグラムで発見した自己の違いに気づき、何だかスッキリしました。」
「こんな良いものが未だ多くの方々に知られていないのはもったいない。これからは勉強を進めて、自分でも広めて行けるようにしたい。」
「人がこんなに色々居るとは驚きだった。これまでも多様性への理解はあったが、もっと幅広い価値観を認めていく必要を感じた。」
「自分が相手に合わせてみることも必要だとわかった。」
「自分の苦しさは自分だけのものなのではなく、同じタイプの人にもあって共感していただけたことが嬉しかった。」
など、他多くのご感想をいただきました。

皆様が修了証を手にされ、晴れやかな表情をされていたことが印象的です。
ご家庭、職場、活動の場など、様々な場で活かしていただけるよう期待しています。

◆近日のエニアグラムワーク
12月23日(土)10:00~16:30
『感じるエニアグラム』
~印象、雰囲気、音楽などから各タイプに触れる~
場所:ドーンセンター(大阪/天満橋)
https://www.enneakansai.com/workshop/index.html#w12-23

1月28日(日)13:00~16:45
つどい関西
テーマ:感性と好き嫌い
場所:ドーンセンター(大阪/天満橋)
※以前お知らせした日程から変更になりました。ご注意ください。
https://www.enneakansai.com/schedule.html#tsudoi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.