オンラインワーク「しぐさのエニアグラム」(2)

しぐさというのは、あることをするときの態度や表情ということです。

「ノンバーバルコミュニケーションが大事」とよく言いますが、ノンバーバルとは非言語のことで、表情はジェスチャーなど、言語以外でコミュニケーションを取る方法です。

「メラビアンの法則」というの有名ですが、
話し手が聞き手に与える影響がどのような要素で形成されているのかを、実験されたアメリカの心理学者アルバート・メラビアンという人が実験されました。

その結果、
視覚情報…見た目、身だしなみ、表情(視線)など が55%
聴覚情報…声の質・大きさ・速さ(テンポ) が 38%
言語情報…話す言葉そのものの意味 が7%

ということで、言語情報は1割以下で、なんと9割以上が非言語であるということでした。

「そんなんやったら、話の内容を一生懸命考える必要がないやん」ということになるのですが、それはさておき。

このワークでは、しぐさの部分のスポットを当てて、しかも、エニアグラムらしく、皆さんが無意識にしているしぐさとエニアグラムタイプとの関係について皆んに考えていただきたい。
そしてそれを皆さんが自分でしぐさをして、皆さんにみせて、発表していただきます。

ご参加条件

・基本コース・プライマリー以上、または、その他エニアグラムワークに複数回参加し、自己タイプがわかっている方
(自己タイプを認識されている上でのご参加となります)
・Zoomを利用できる環境の方。

オンラインワーク「しぐさのエニアグラム」(2)

日程
2020年12月26日(日)
定員
10人まで(先着順)
時間
19時~21時
参加費
1,500円(事前にお振り込み)
お申込
募集中
担当
武石真、齋藤美由紀(日本エニアグラム学会認定ファシリテーター)
12月26日(日)オンライン忘年会
オンラインワーク「しぐさのエニアグラム」(2)の終了後、オンライン忘年会を行います。(22時半くらいまで)ご参加、途中退出は任意です。参加費:未定
このページをシェアする