タイプ4

個性的な人(by リソ&ハドソン)

タイプ4の基本的、普通の姿
  • 自分には欠落した部分がある
  • 一人でいたいが、特別な誰かが登場するのを待っている
  • 自分の気持ちを自分流に表現したい
  • 繊細で感受性が豊か
  • 本当の気持ちを理解され、気持ちを通じ合わせたい
  • 遠くにあるもの、手に入らないものに強く惹かれる
  • 平凡になりたくない、独特の感性を表現したい
  • 自分の気持ちにきわめて正直
  • 喪失感にとらわれる、すねる、悲しみに浸る
  • 美しさ・情緒的深みを味わう
タイプ4の中枢センター
  • ハートセンター
  • 自分の感情におぼれやすい
  • 自分の美意識にそぐわないことは恥ずかしい
タイプ4の囚われ
  • 他人とは異質で、どうもまわりに溶け込めない
  • なにか本質的なものが欠けていると他者と比べて嫉む
タイプ4の本質
  • こころの平衡
  • 創造
タイプ4の仕事

自分の感情に対応してからでないと仕事にとりかかりにくい。

【働きやすい職場】
感性や個性を活かせる。個人が尊重される

【苦手な環境】
ルーティンワーク、団体意識や団体行動で個性が発揮しにくい職場

  • マニュアルどおりの作業
  • 創意工夫する機会がないこと

→ほかの9つのタイプの特徴を読む

このページをシェアする