自主ワーク『ビジネスシリーズ2〜相手を知る〜』を昨日実施しました。

自主ワーク『ビジネスシリーズ2〜相手を知る〜』を昨日実施しました。

このシリーズは、昨年の『ビジネスシリーズ1』に次ぐ2回目のワークで、昨年の「自分を知る」テーマからの続きとしてもご参加いただける内容でした。

エニアグラムでは、自分のタイプならではの人や物事の見方があり、それをまず知るところからのスタートとなります。
しかし実際のビジネスにおける人間関係の中で、相手のタイプを推し測り相手に合わせた言動を選択することが必要な場面も多く、そのポイントを探れないか、というのが今回のワークです。

たくさんの事例をもとにキーワードを拾いながら総合的にタイプを想像する作業はとても斬新でした。

また、10名を超える参加者皆様がワーク経験者ということもあって、話し合いではタイプの垣根を越えて活発な意見が交わされ、皆で研究していく時間となりました。

エニアグラムは、理論だけでなくその実際を体験的に学ぶことに意義があります。
タイプを生きるご本人の感覚を聞きながら、自分が捉えているタイプイメージを更新していくこともできるワークに、ぜひお越しください。

〈参加者の声(抜粋)〉
・どう接すればよいかの対応策がタイプにより異なることがよくわかり、勉強になりました。
・事例を通して各タイプへの対応を考えることができ、とても有意義でした。
・自分の職場に当てはめて考えてみたいと思います。
・自分のことに置き換えながら、より他者理解が進んだように思います。月曜から活かしていきます。

〈今後のワーク予定〉
『セカンダリー3コース』
8月17日&18日↓
https://www.enneakansai.com/events/secondary3/

このページをシェアする